車検が切れた車を廃車にして解体業者に運ぶ場合、仮のナンバープレートを取得して公道を走る方法があります。
仮のナンバープレートを取得する方法は、役場か陸運局で申請することになります。
仮のナンバープレートは、審査後ただちに発行されるので、車検切れの車がすぐに動かせる状態にして申請した方がいいと思います。
仮のナンバープレートは、赤い斜線が入っていて発行されて5日以内に発行してもらった場所に返す必要があるのです。
申請に必要なものは、仮のナンバープレート取得申請書、車検証、自賠責保険の証書原本(仮のナンバープレートを取得して1ヶ月有効のもの)、申請する人の免許証及び印鑑、手数料となっています。
仮のナンバープレートの申請書は、役場や陸運局、またはそれぞれのホームページからダウンロードで取得することもできます。
車検が切れて1年以上たっている車は、自賠責保険も切れていると思われますので自賠責保険に加入していないと公道は走れません。
その上、バッテリーがあがっていたりする場合もあり、せっかく仮のナンバープレートを取得しても、結局レッカーで移動する羽目になるかもしれないのでよく検討する必要があるということです。